キリスト教のお葬式

続いてご紹介するのが、キリスト教のお葬式です。キリスト教は、仏教とは考え方が異なる宗教です。一般的に、キリスト教には仏教式で行われるような通夜というものはありませんが、日本では、キリスト教式の葬儀であっても通夜が行われます。キリスト教式では通夜のことを通夜の祈りや前夜祭という呼び方をします。通夜では讃美歌の斉唱や、聖書の朗読などが行われます。キリスト教では焼香はなく、焼香の代わりになっているのが献花です。通夜が終わると、故人を偲んで軽い食事会などが行われます。この時、仏教式ではお酒などが振る舞われることが多いですが、キリスト教式の場合はお酒が出ないことが多いです。

キリスト教には、カトリックとプロテスタントの2種類があります。カトリックの葬儀の場合は、葬儀で故人の罪を神に詫びて永遠の命を得られるようにという祈りを込めて葬儀を行います。神父による言葉の典礼や、祭壇にパンとブドウ酒などを奉納する感謝の典礼などが葬儀内で行われます。プロテスタントでは、神に感謝をし遺族を慰めるために葬儀を行うという考えが主体になります。こちらでも聖書の朗読や讃美歌の斉唱などが行われます。カトリックとプロテスタントで若干の違いがあることを覚えておきましょう。

日本では、仏教式のお葬式が多いのが現状ですが、場合によってはキリスト教の葬儀に参列することがあるかもしれません。キリスト教では、死ぬということが不幸なことだという考えはありません。そのため、お悔やみの言葉も違ってきます。讃美歌を歌うシーンになった場合には讃美歌の歌詞などが印刷された紙が配られることもあるので、一緒に歌うようにしましょう。仏教式の焼香にあたる献花にも、焼香と同じように作法があります。キリスト教の葬儀に参列することになったら、事前に献花の作法についても調べておくと安心です。