無宗教のお葬式

中には、特定の宗教を信仰しているわけではない人も多くいます。仏式の葬儀をしている家庭であっても、特別宗教にこだわりを持っているわけではないというパターンが多いのが現状です。日本では、1つの宗教にこだわっているという人はあまり多くなく、行事などで神社とお寺の両方に行くというように、信仰にこだわらない人が多い時代になっています。宗派にこだわりがないから無宗教葬儀を行うというパターンは少なくありません。無宗教葬儀は別名自由葬とも呼ばれており、名前の通り宗教にこだわらない自由な葬儀を行うことができるというのが魅力となっている葬儀です。

一般的に、特定の宗教の形式にのっとったお葬式の場合は宗教者によって読経や説教などが行われるものですが、自由葬の場合は必ずしもそういったことにとらわれず、型にはまらない自由な形式で進められます。一般的な仏式などで行われる戒名などを授けられるということもありません。自由葬では献花や音楽などを流す献奏などで、故人を見送るということも可能です。特定の決まったマニュアルというのは存在しないので、自分たちのスタイルで亡くなった人を見送りたいという気持ちを優先することができます。こだわりの宗教がない場合はこういうスタイルを選択するのも1つの方法であるということを覚えておくと良いでしょう。

無宗教葬儀では、参列者の入場に始まり司会者が開式の辞を述べてお葬式が始まります。黙祷を経て、故人の好きだった曲などを流しながら故人の経歴や思い出などを紹介し故人を偲びます。弔電の紹介者や遺族から参列者への感謝の言葉、献花を経て故人とのお別れをし最後に開式の辞を遺族代表が述べます。一連の流れが終了した時点で葬儀場から出棺し、火葬という流れになることが多いです。絶対にこうしなければいけないということはないので、葬儀ごとに流れが異なることはあるでしょう。しかし、これから無宗教葬儀をするという場合は、この流れを参考にどのようなお葬式にするのかを考えてみることをおすすめします。宗派にこだわらない自由な葬儀にできるからこそ、故人が喜んでくれるような葬儀にしていきましょう。