神道式のお葬式

続いてご紹介するのが、神道式のお葬式です。一般的に、仏式の場合は人が亡くなると故人は成仏し、仏様になるという考え方があります。それに対して神道では、人が亡くなると神の住む世界へ行き子孫を見守る存在になるという考え方です。仏教用語のお悔やみの言葉は使われませんし、お線香も焚きません。その代わりに、玉串幇間という神道式特有の儀式などが行われます。神道では、もともと人というのは神の子供であるという考え方があります。神道式と聞くと、神社でお葬式が行われるイメージがあるかもしれませんが、神道では、死は穢れという概念があるため、聖域である神社で葬儀が行われることはまずありません。

神道式で行われる葬儀というのは、亡くなった人の御霊を家にとどめることで子孫を守ってもらうための儀式になります。最初に行われるのがご遺体を棺に納めるための納棺で、続いて通夜祭と呼ばれる通夜が行われます。通夜祭では、祭詞の奏上や玉串拝礼という儀式が行われ、通夜祭の次が仏教でいう告別式である葬場祭が行われ、最後に火葬場の炉の前で火葬祭と呼ばれる儀式が行われます。一般的に、神道式では、このような流れで葬儀が進められていきます。神道式で葬儀が行われるということはあまり多くありませんが、どのような流れで行われるかを知っておくと、いざという時に慌てなくてすみます。

神道式のお葬式は、件数が非常に少ないので、どこの葬儀屋でも依頼を請け負ってくれるというわけではありません。そのため、神道式で葬儀を行うという家庭の場合は、神道式の葬儀にもしっかりと対応してくれる葬儀屋を事前に見つけておくようにしましょう。また、無理な場合はCDを流すなどして儀式をとり行いますが、神道式では雅楽を生演奏することがあります。そうなるとその分の費用がかかり、費用の面でも高くなってしまう可能性がありますから、神道式の葬儀を行う際には、内容の詳細についても事前に相談し、納得した上で依頼することが大切です。